新着情報

過去記事一覧

2019・AUTUMN

2019-11-15

今が旬のサツマイモは、食物繊維やビタミンCが豊富で健康、美容にもおすすめの食材。特に皮ごと食べられる焼きイモは、手軽でありつつも、しっかり栄養が摂れる優秀なメニューです。とはいっても、意外と奥が深い焼きイモ。ベストなイモの太さは? 電子レンジで焼く? オーブンで焼く? など、いざとなると様々な疑問が。

そこで、自宅でできるおいしい焼きイモのつくり方を調査しました。

 

・イモの太さはおいしさと無関係

 

 太いイモの方が、おいしそうなイメージがありますが、実は、太さと味は無関係のようです。それよりも、断面の色が大切なのだとか。「イモの端を切り落としたときに、黄色っぽいものの方が甘くておいしい。白っぽいものは、サラダなどの料理に使うのがおすすめ。」

 

あまり太いイモを使うと火が通るのに時間がかかるので、細めで断面が黄色のものを使うのがベスト!

 

やきいも(写真1)

オーブントースターならイモの甘味を引き出せる為、おすすめの焼き方です。

 

「イモは80℃ぐらいの温度が10分ほど続くと甘味が引き出されます。電子レンジだと、すぐに80℃を超え、あっという間に焼けてしまうので、オーブントースターでじっくり低温で焼く方がおいしくでき上がります。オーブンでもできますが、時間がかかるので、短時間でおいしくつくるには、オーブントースターがおススメ。」

 

では、焼きイモづくりに挑戦してみましょう! 焼き上がりまでは20分

 

1)使うイモが決まったら、水洗いしてオーブントースターへ

 

やきいも(写真2) イモは湿った状態から焼くのがコツ。蒸気の力で、しっとりした仕上がりになります。「1月頃までの『新イモ』は水分が多いので長めに、それ以降は短めに焼きます」。まずはタイマーを20分にセット!

 

2)10分ほどしたら、様子を見て上下を返す

 

やきいも(写真3) 焦げつかないよう、10分を目安に一度様子をチェック。片面の色が変わっていたら上下を返し、タイマーが鳴るまでもう10分加熱します。焼けていない場合は再度加熱を

 

3)タイマーが鳴ったら竹串を刺し、火の通りを確認

 

やきいも(写真4) 焼き始めから20分後、タイマーが鳴ったら竹串を刺して火の通りを確認します。「抵抗なく竹串が入ればでき上がり。イモの大きさなどで焼き時間は変わるので、その都度調整して」

 

この秋は、お店の焼きイモの味を試してみては?

ASUNA@WEBを更新しました

2019-11-15

ASUNA@WEBを更新しました

採用情報を更新しました

2019-11-15

採用情報を更新しました。

2017・SPRING

2017-04-04

年中出回るキャベツですが、収穫期によって品種が異なる春キャベツと冬キャベツ(寒玉)があります。

大きな違いは葉の巻き具合。

半分に切って断面を見るとよく分かりますが、冬キャベツは葉がきつく巻いていますが、春キャベツは巻きがゆるく葉と葉の間に透き間があります。

また、冬キャベツは楕円形で春キャベツは球形という違いもあります。葉の厚みと甘みが特徴の冬キャベツに対して、野趣あふれる味わいと香り、やわらかさが特徴の春キャベツ。そのシャキシャキとしたみずみずしさが魅力です。

 

旬は4~6月です。

ビタミンKとビタミンCが多く含まれていると言われています。ビタミンKが不足すると、鼻血、月経過多、血尿、血液凝固の遅延などといった症状が現れるようです。

全体的に血液に関するトラブルが増える可能性が高くなるという事です。

ビタミンCは言わずと知れた有名栄養素です。

疲労回復効果、美容効果、免疫機能効果があると言われています。

 

「丸ごとキャベツ」は切り分けて使いましょう

やわらかさが持ち味の春キャベツ、旬は栄養バランスに優れ価格もお手頃です。

丸ごと食べつくしましょう。

とはいっても、目的の料理法があってササッと完食…といかないことも多々。

鮮度が落ちないうちに、おいしくいただくために、ブロック別に分けて使うと、容易に食べきれます。

 

外葉は生のままで!

そのままの甘みと歯応えを楽しむために、みずみずしい外側の葉2〜3枚はよく洗って、生のままちぎってお好みのドレッシングで、またサッと火を通す程度でいただきましょう。

芯の周囲に包丁で切り込みを入れると、手でかんたんにはがれます。

 

1/2個は炒めたり、煮込んだり!

半分は豚肉と炒めたり、ベーコンと一緒に煮込みましょう。

やわらかい春キャベツはにんじんや三つ葉などの他の野菜と一緒に鍋仕立て

(薄い醤油ベースのすまし汁がマッチ)もおすすめです。

 

1/4個はサッとゆで、かさを減らして!

ゆでるとかさが減り、驚くほどたっぷり食べられます。さっとゆでてドレッシングをかけたり、パスタや焼きうどんと合わせるのも、おいしい食べ方。歯応えが残るややハードボイルドがおすすめです。

チャーハン、スープ、漬け物などに使うと、あっという間に食べつくせます。

 

1/4個をさらに分けて、使いきる!

四分割でも多すぎる、というときには、さらに外と内側にわけて使いましょう。外側は細く切って炒飯やスープの具にしたり、大きめに切って、強火で炒めて。内側は塩もみして浅漬けにして、余さずいただきましょう。

 

春キャベツの見極めポイントと保存

おいしい春キャベツは、以下の点をチェックして選びましょう。

全体に巻きがやわらかく、弾力がある

外側の葉が鮮やかな緑色で張りがある

根元の切り口がみずみずしい

芯をくり抜くと長もち!

少しでも長もちさせたいときには、芯の周囲に包丁を入れて芯をくり抜いて、水でぬらしたペーパータオルを詰めて、全体をラップフィルムでしっかり包みましょう。芯をつけたままだと、芯が葉の養分を吸って葉がしなびる原因になるので、取り除くと日もちします。

 

さぁ、旬の春キャベツ楽しみましょう!!

2016・AUTUMN

2016-08-29

ナス、きのこ、レンコン、さつまいも…。香り高くて、旨みたっぷりのラインナップ。

想像しただけで、夏の終わりの物悲しさが吹っ飛びます。食欲の秋ですから、旬の味覚をたっぷり楽しみたいです。

 

そこで今回は、秋野菜をヘルシーに調理して、夏バテや美容に効果的な食べ方をご提案。

簡単、調理、お掃除もラクラク家電「トースター」を大活躍させ、もっと美味しい秋野菜の食べ方をご紹介します。

 

 

秋野菜をトースターで焼く5つのメリット

(1)素材本来の美味しさが楽しめる。

香り良し、旨み良し、食感良しの秋野菜。これらの魅力をバランス良く引き出すのは、「シンプルに焼く」のが一番。

(2)「旨味」や「甘み」がアップ

しいたけの旨み成分「グアニル酸」は、加熱により更にアップ。また、さつまいもは、じっくり焼くことにより、でんぷんが糖質にかわり、甘みがアップ。

(3)柔らかく、ふんわり、ジューシーに

フライパンで焼くのと比べ、熱が均等にじんわり当たるため、ふっくらジューシーな仕上がりに。

(4)最もヘルシーな調理法

オーブンシートの上に素材を置いて焼くだけなので、調理油は一切不要。炒めものや揚げものに比べて断然ヘルシー。

(5)調理がカンタン

トースターに入れて焼くだけ、菜箸と皿さえあれば調理可能。焼き具合を調整しやすいのも魅力。

 

 

・夏バテ・残暑のぼせには、みずみずしい「焼きナス」

「秋茄子は嫁に食わすな」と言われるほど、秋の時期のナスは、身がしまって極上の味。焼きナスには、「みずみずしさ」と「凝縮された旨み」を両方合わせ持つ品種がオススメ。「細長い」ほどみずみずしく、緑色の皮の「青ナス」は旨みがたっぷり含まれます。

 

・胃腸疲れ・滋養強壮には、「レンコン」

みずみずしくシャキシャキとした歯ごたえが魅力の「新レンコン」が出回ります。レンコンは、胃壁の保護や貧血予防、美容効果も絶大の秋野菜。

 

・夏太り・むくみには、「焼き芋」

さつまいもも新物が出始めます。ダイエットやむくみには、輪切りにしてハーブとオリーブオイルを振り掛けて。便秘解消、つややかな肌作りに役立ちます。少しずつゆっくり食べられるので、食べ過ぎも防げます。

 

・美肌づくりのためには、「しいたけ」

食物繊維の豊富なしいたけは、香りと厚みが凝縮された「原木しいたけ」が出回るチャンス。年中出回る「菌床」とは別格の味。

 

秋野菜は、焼くことにより甘みが増してぐんと食べやすくなります。いろいろなバリエーションで楽しめますし、見た目もおしゃれで美味しいのが嬉しいです。普段の食卓があっという間に華やぐこと間違いなし!ぜひお試し下さい!さぁ、あなたはどの秋野菜からスタートしますか?

採用情報更新しました

2016-08-18

2017年度採用情報更新しました

採用情報を更新しました

2015-08-28

2016年度採用情報を更新しました

カット野菜原料産地を更新しました

2015-06-01

カット野菜原料産地を更新しました

2015・WINTER

2015-01-14
 この季節に欠かせない野菜、ねぎ。各地で多くの種類が栽培されていますが、大きく分けると関東で主流の根深ねぎ(白ねぎ)と、関西以西で主流の葉ねぎ(青ねぎ)に分けられます。気候や土壌の違いにより、このように分かれているようです。

 尾張地方では一般的に「長ねぎ」と呼ばれるものが主流です。その代表的な品種が「越津ねぎ」。根深ねぎと葉ねぎの中間的な性質を持ち、根深ねぎよりもやや細めで青い部分が多く、葉ねぎよりもやや肉厚です。葉と根深部ともに柔らかく、両方を食べられます。

愛知県津島市越津町が発祥の地で、徳川三代将軍家光の時代(1623~1650)から栽培が始まったとされています。当時は徳川幕府への献上品として扱われていたとのこと。現在では「あいちの伝統野菜」にも選定されており、尾張地方で広く栽培され、とても馴染み深い野菜となっています。

最近では日本各地の有名なねぎも流通していますが、この地方でねぎと言えば、やはり「越津ねぎ」ではないでしょうか。寒い夜には越津ねぎで鍋などいかがでしょう。もちろんもやしもお忘れなく!
Copyright(c) 2013 ASUNA Inc. All Rights Reserved.